クリス・ウェイラー

ウェイラーは2005年にKLDiscoveryを共同創立しました。創業以来、KLDiscoveryは米国のeディスカバリベンダーとして成長してきました。KLDiscoveryはSocha-Gelbman、INC 5000、Deloitte 500といった経済誌の評価を受け、kCura社のOrange-level Relativity Best in Serviceを何度も受賞してきました。ウェイラーは2014年にErnst & Young’s Washington, DC entrepreneur of the year awardも受賞しています。

KLDiscoveryの共同設立前、On-Site Sourcingを共同設立し、4千万ドル規模の訴訟サポートeディスカバリサービス企業に成長させました。American Lawyer誌が選ぶ法律事務所トップ100に選ばれ、画像・コーディングサービス企業の上位5社、米国のeディスカバリ企業上位10社にも選ばれました。

1985年に米海軍兵学校を卒業後、米国海軍に水上戦将校として、ワシントンD.C.では海軍上院連絡将校として1991年9月まで従軍しました。1991年9月から1992年12月の間は、Pitney Bowes Management Servicesでマネージャーとして勤務しました。

最初のワシントンポスト誌All -Met受賞チームメンバーであり、1984年の海軍フットボールチームのMVP受賞、家庭では3人の大学生アスリートの父親です。ウェイラーは過去15年間、余暇のほとんどをユースのバスケットボールや高校フットボールでの若手の指導に費やしてきました。1997年以降、ウェイラーは全米体育協会、郡、カトリック青年会のバスケットボールチームのアシスタントコーチを務め、北バージニアの高校フットボール2チームでも指揮しました。

2004年にはLake Braddock Secondary Schoolにオフェンスコーディネーターとして加わり、2004年から2005年の間にバージニア、メリーランド、ワシントンD.C.のチームを立て直し、地区優勝5回、ノーザンリージョンで2年連続優勝、さら2009年にはバージニア州のファイナルに進出しました。また、同校の人工芝グラウンド2面の建設に、個人で20万ドル寄付しています。

ドーン・M・ウィルソン

ウィルソンは2017年9月にCFOとしてKLDiscoveryに加わりました。CFOとしてグローバルなリーダーシップを発揮し、成長と収益性戦略の実施、お客様に合わせて調整可能なクラス最高の財務機能の開発など、全金融活動を管理しています。

財務会計で20年以上の経験があり、主にテクノロジーやサービス産業の公開企業を担当してきました。専門分野はM & A、リーダーシップと人材育成、情報システム、資金計画、プロセスリエンジニアリング、資金管理などです。KLDiscovery入社前は、CoStarグループ(CSGP)で商用不動産情報、分析、オンラインマーケットプレイスで実績をあげてきました。彼女の在籍期間中、同社は売上1億ドルから8億ドル超に成長し、赤字から2億ドルのEBITDA黒字に転換しました。主要ビジネスの成長だけでなく、担当していた20社以上の企業買収による成長も、彼女の実績です。CoStar在籍前は、Interstate Hotels and Resorts(IHR)の金融担当副社長、CiradenのCFO、Arthur Andersenのマネージャーを務めていました。バージニア工科大学で会計学の修士号を取得しています。

ダニー・ザンビート

ザンビートは2008年8月に、プロジェクトマネジメント責任者としてKLDiscoveryに加わりました。この役職でプロジェクトマネジメントグループの成長と、数多くの企業や法律サービス業の顧客へのコンサルティングを担当しました。現在はKLDiscoveryにおける、リーガルテクノロジーオペレーションとクライアントサービス担当の執行副社長です。この役職では、引き続きクライアントへのコンサルティングを担当しつつ、リーガルテクノロジー分野でのグローバルオペレーション責任者でもあります。

KLDiscovery入社前、2002年から2008年までONSITE3に在籍し複数の役職を務めました。直近の役職はクライアントサービス責任者でした。クライアントサービス責任者として、プロジェクトマネジメントグループの日常業務の全体責任者を務めました。また、プロジェクトマネージャーや制作スタッフへの横断的サポートだけでなく、連邦法執行機関向け国家プロジェクトなどの縦断的サポートも担当しました。

過去10年にわたり、法務省のセカンドリクエスト、反トラスト法、犯罪、証券取引委員会、連邦取引委員会、民間訴訟など幅広い訴訟をサポートしてきました。

ロバート・ハンター

ハンターは2008年にフォレンジックアナリストとしてKLDiscoveryに加わりました。2011年にはマネージャーに昇進し、当社のオペレーション・フォレンジック責任者になりました。以降、日常業務の監督に加え、企業の成長とともに責任範囲を広げています。

KLDiscovery初期からのメンバーとして、当社のほぼすべてのチームを経験してきましたが、その経験が現在のグローバルオペレーション責任者に役立っています。数多くのフォレンジック収集を行うとともに、幅広いeディスカバリツールを使ったデータ分析を実際に経験してきました。また、自社開発のソフトウェアの調査、企画、テスト、認証、保守でも重要な役割を果たしてきました。ソフトウェアはさまざまな種類のデータの取得、選別、加工、レポーティングするためのものです。

イースタンミシガン大学を2006年に卒業、技術経営の理学士号を取得しています。またWashtenaw County Community Collegeで、情報保障(CTIA)の資格とコンピューターフォレンジックの上級資格(CVCFC)も取得しています。国際フォレンジックコンピューター調査員協会(ISFCE)会員で、EnCase Certified Examiner(EnCE)の資格も取得しています。

クリスティーナ・ジョーンズ

ジョーンズは2006年にシニアアカウントエグゼクティブとしてKLDiscoveryに加わりました。Am Law 100の法律事務所やフォーチュン500のような大企業から新規ビジネスを創出する責任者を務めました。KLDiscoveryにおいて、顧客にあったソリューションと優れたサービスを提供することで、一貫してビジネス機会の創出、新規顧客開拓、顧客層の拡大を行ってきました。企業クライアントを中心に、当社ではトップのセールス担当です。

2014年、彼女はマーケティング、法人セールス担当副社長に抜擢されました。この広範囲な任務で、引き続き新規および既存顧客の開拓を担当するだけでなく、KLDiscoveryと姉妹会社の全マーケティング、広告、ブランディング活動の責任者を務めています。

2017年、ジョーンズは上席副社長、グローバルコーポレートアカウントセールス、LTマーケティング担当に就任しました。この役職では、顧客関係と世界販売の拡大に加え、リーガルテクノロジービジネスのグローバルマーケティングの責任者となりました。

2018年、上席副社長、US LTセールス・グローバルLTマーケティングに昇格しました。彼女は現在、KLDiscoveryの国内販売部門とリーガルテクノロジービジネスのグローバルマーケティング全般の責任者です。さらに、KLDiscovery販売戦略の指導グループである販売諮問委員会の会長も務めています。

ジョーンズはバージニア工科大学のPamplin School of Businessにてマーケティングマネジメントの学位を取得しています。またRelativityの認定販売専門員でもあります。

ダニエル・バルタザール

バルタザールは2011年5月、ソフトウェア開発者としてKLDiscoveryに入社しました。当時の任務は、全既存顧客のデータ処理、調査、カスタマイズを中心とするソフトウェアの最適化と保守、さらに最新のテクノロジーを使った画期的なソリューションの開発でした。KLDiscoveryでチームリーダー、マネージャー、ディレクターを経験し、エンジニアリング部門の成長を促してきました。2016年、エンジニアリング担当副社長に昇格しました。現在の任務は、KLDiscovery制作の全アプリケーション用ソフトウェアの開発と品質保証の管理です。バルタザールはコンピューターサイエンスとコンピューターフォレンジックの理学士号を取得しており、2014年に認定ホワイトハッカー(CEH)の資格を取得しています。

フィル・ブリッジ

データ・ストレージテクノロジーの責任者であるブリッジは、データ・ストレージテクノロジー(DST)部門を指揮しています。同部門は世界28拠点に事務所と研究所を運営しています。Ontrackに20年以上勤務し、営業からグローバルチャネルマネージャー、ビジネス開発マネージャー、さらにWestern Europeの代表取締役社長を7年間務めました。この経験により、バランスのとれた企業の見方、業界の深い見識を取得しました。

DSTビジネス全般に深い知識を持ち、専門家としての意見と知識をOntrackのビジネスに注入しています。具体的にはOntrackの視点、価値、企業戦略、さらに事業継続性、情報管理、チャネルおよびパートナー戦略への提言などです。

ブリッジは英国エプソム出身です。

ジェン・スウェンソン

スウェンソンは2013年に人事部長としてKLDチームに加入しました。15年以上の人事部門での経験を当社に生かし、さらに成長著しい官民のテクノロジーおよびヘルスケア企業をサポートしてきました。現在KLDiscoveryのグローバル採用、従業員関係、システム、福利厚生チームのリーダーで、当社独自のチーム中心文化に合った人材を確保し、従業員や指導者へ相談で貢献しています。

KLDiscovery入社前は、政府機関向け大手ヘルスケアサービス企業のMHM Servicesで人事部門のリーダーを務めていました。MHM以前は、RCNのサービス部門で研修と従業員関係のリーダーを務め、その後RCNの未公開株式ファンドへの売却に伴う人事統合の管理などを担当しました。その後、RCN売却によって設立された3社のうちの一つSidera Networks設立にあたって、人事業務全体を監督しました。

スウェンソンはジョージメイソン大学で人文科学学士、人事労務管理資格を取得、National Human Resources Certification InstituteでSenior Human Resources Professional (SPHR)の資格を取得、さらにSociety of Human Resource Management (SHRM)からSenior Certified Professional (SCP)の資格を認定されています。

アンディ・ソウサム

ソウサムは2017年3月にEMEA、およびAPAC地域のHead of LegalとしてKLDiscoveryに加わりました。2017年9月に相談役に昇格しています。英国の弁護士資格を持ち、ロンドンを拠点としています。相談役として、コンプライアンスやM & A、訴訟など業務の法務面すべての責任者です。

ソウサムは世界最大の法律事務所の一つ、DLA Piperのロンドン事務所で経験を積み、その後2003年にTechnology and Media Groupに入社しました。知的財産やIT訴訟の顧客を4年間担当し、2007年広告グループのBartle Bogle Hegartyの社内弁護士となりました。Bartle Bogle Hegartyで法務部長兼共同経営者となり、2012年6月にPublicisへ売却されるまで同職を務めました。ドメイン名とブランド保護サービス企業であるNetNames GroupがHG Capitalに買収された後の2013年6月に、同社に入社しました。相談役として2回の企業買収と、2016年7月のデラウェア拠点のビジネスソリューションプロバイダーCorporation Service Companyへの売却を担当しました。

ソウサムはブリストル大学で知的財産法と慣習の学位を取得、ノッティンガム法律学校で法律実務コースを履修しました。

フェルディナンド・カミ

カミは2006年、上級eディスカバリコンサルタントとしてKLDiscoveryに入社しました。入社と同時に毎日のデータ処理、生成、クライアントサービスを担当しました。同年KLDiscoveryがRelativityのサービスを開始に伴いホスティングサービスも担当するようになり、kCuraと密に連携してRelativityに深く携わるようになりました。2011年、ホスティングサービス責任者に昇格し、シカゴを拠点とするチームの日々のホスティング業務の責任者となりました。3年後副社長に昇格し、KLDiscovery全拠点の統括も担当するようになりました。KLDiscovery入社前は、On-Site Sourcingで4年間、シカゴのシステム管理者と上級データアナリストを兼務していました。

現在は調査ワークフローの開発を担当しています。具体的には文書レビューデータベースの開発、保守、保存などです。またkCuraのRelativityデータベーススキーマやConcordance、iConectNXT/Xera、Equivio Zoom、その他さまざまな分野に深い知識を持っています。

カミはデポール大学で情報保証およびセキュリティ工学の理学士号を取得し、コンピューターサイエンスを副専攻していました。彼は2015年にRelativity認定修了証を取得しています。デジタルフォレンジックアナリストおよびデータベース管理者として研修を受け、デポール大学で2008年にAccessData Certified(ACE)、2009年にSQL Advanced Certificate、2010年にEnCase Certified Examiner(EnCE)の資格をそれぞれ取得しました。

アンソニー・J・ディジョン

ディジョンは2011年にディレクターとしてKLDiscoveryに入社し、Advanced Review Services (マネージドレビュー)部門の立ち上げと管理を担当しました。当時の任務は同部門の管理と事業開発で、プロジェクトマネジメントとKLDiscoveryの上級顧客へのコンサルティングでした。2013年、KLDiscoveryの名高いクライアントサービスの技術部門である、アナリティクス部門を立ち上げました。2014年、ディジョンは先端技術およびマネージドレビューサービス担当副社長に就任しました。現在の任務は、eディスカバリと情報ガバナンス向け最新ソフトウェアと手法の開発および設計、KLDiscoveryのeディスカバリテクノロジストチームの管理です。eディスカバリテクノロジストは業界最高水準のTARエキスパートとして広く知られています。KLDiscoveryに最新の機械学習と人工知能、クラウドベースの技術を導入し、同時にKLDiscoveryのクライアント向けアプリケーションの継続的開発を指揮します。ディジョンの別の任務として、グローバルなManaged Reviewの運用管理があります。KLDiscoveryの高度なレビューサービス部門が世界10以上の最新設備で運用しています。

KLDiscovery入社前は、ロサンゼルス拠点のLPOであるLawScribe(UnitedLexより買収)のディレクター兼副社長を4年間務めました。LawScribeは世界中の法律事務所と企業にeディスカバリと知的財産ソリューションを提供していました。LawScribe在籍時、すべてのプロジェクトマネジメントを担当し、事業開発と企業成長で重要な役割を果たしました。

ディジョンはシカゴのデポール大学で法学士を取得し、ミズーリ大学で電子工学の理学士号を取得しています。カリフォルニアとワシントンD.C.で弁護士開業資格を持ち、米国特許商標局で弁護士登録されています。2012年kCuraからRelativity認定管理者(RCA)の資格を取得、2013年にはRelativity分析認定書、2014年にはRelativityエキスパート認定を取得しています。Equivio Technical STARの資格も所有しています。

ジェームス・モレージョーンズ

モレージョーンズはKLDiscoveryの英国、欧州全域のリーガルテクノロジー責任者で、クラス最高のeディスカバリとデータリカバリテクノロジーをグローバルに提供しています。当社の画期的なソリューションと現場主義の手法によって、世界中の企業は、法律調査、外部調査、内部審査にかかる時間と費用を削減できます。

KLDiscovery入社までに、事業開発、顧客管理、サービス提供を25年以上経験してきました。イングランドおよびウェールズ弁護士会会員で、採決機関、州裁判所、州最高裁判所、控訴院などを経験しています。

モレージョーンズは、電子および書類ベースの法律手続におけるテクノロジーの実用性についてのアドバイザーでもあります。特に大規模、多地域にわたる複雑なプロジェクトでは、訴訟や仲裁、規制案件における電子証拠の利点と課題について、クライアントに直接助言をします。

ピーター・ボレー

COO、データ・ストレージテクノロジー担当であるボレーは、12か国に研究所と営業所を置く欧州における、Ontrackのデータリカバリ事業の責任者です。KLDiscoveryのデータリカバリ事業(Ontrack)を担当する欧州の最高幹部グループの責任者です。

1996年に同社に入社すると、ドイツでの運用を開始し、75人の従業員で24時間年中無休の体制で顧客の要望に対応しました。彼の指揮のもと、Ontrackはイタリア、スイス、ポーランド、北欧諸国にも事業展開し、EMEA地域の先駆者となりました。

Ontrack入社前は、Hengstler GmbHの欧州セールスマネージャー、そしてStark Systemstechnikでプロジェクトマネージャーを務めました。彼はミュンヘンでコンピューターサイエンスを学び、シュトゥットガルトでマーケティングとコンピューターを重視した経営管理を学びました。

経営に従事する他、ITセキュリティとソフトウェア分野の書籍を多数出版しており、「The man in the software development」の共同著者でもあります。

アンディ・マウス

マウスはOntrackのデータリカバリサービスとソフトウェアのグローバル販売責任者です。2013年にOntrackに入社し、企業向けソフトウェアビジネス開発チームの責任者として、複数年のOEM契約獲得などを主導しました。その後データ・ストレージテクノロジー部門の複数の北米事業開発チームを統合し、現在は17の事務所をグローバルチームにまとめる中央集中型販売組織への転換を指揮しています。

IT業界のセールス、マーケティング・製品管理で25年以上の経験を持ち、特にチャネルを通じた新しい収益源確立の経験が豊富です。Ontrack入社前は、Dell、Mitel、Level 3 Communications、Enronで勤務経験があります。Enron在籍時はロンドンに居住し、ブロードバンドサービス部門の欧州での運営立ち上げを行いました。

マウスはウエストミンスター大学でビジネスとコミュニケーションを学び、優秀な成績で卒業しました。Sigma Phi Epsilonのメンバーでもあり、ラグビークラブの創立に尽力しました。結婚して20年以上経ち、現在は3人のディーンエイジャーの父親です。旅行とゴルフ、家族と過ごす時間を楽しんでいます。

マイク・バーマイスター

バーマイスターは1991年にOntrack初期のデータリカバリエンジニアの一人として入社しましたデータリカバリで20年以上の経験を持ち、エンジニアリングから最高幹部に至る間、クラス最高級のグローバルなデータリカバリオペレーション構築を専門としてきました。あらゆるストレージメディアやストレージ環境でのデータ損失を解決することを目的とした、ファイルシステム調査や案件定義で重要な役割を担いました。フォーチュン500であろうと1歳の誕生日を祝う家族写真であろうと、大切なデータの復元のために、毎日グローバルチームとともに高品質なサービスを提供しています。

バーマイスターは現在、世界15拠点のデータリカバリ研究所の責任者であり、データ・ストレージテクノロジー事業のデータリカバリオペレーションチームを指揮しています。同チームは世界で24時間年中無休の体制で稼働しており、常にお客様の緊急時にすばやく対応しています。また現場、研究所、リモートそれぞれのサービスで、非常に安全性の高い、個別の対応も行っています。リカバリチームのオペレーションは誇りを持って、世界中のお客様のためにサービス改善と効率向上を続けます。

バーマイスターはコンピューターサイエンスの理学士号を取得し、数学を副専攻していました。

ガブリエラ・バロン

バロンは、2018年2月、Strateggyのエグゼクティブバイスプレジデントとして当社に加わりました。戦略的成長の機会を特定し、追求し、進化する市場ニーズに対応し、成長計画を実行できるようにします。彼女は、特にグローバル企業や法律事務所との関係を発展させることに重点を置いています。

バロンはニューヨークの大手法律事務所で数々の訴訟を担当し、証券訴訟、医療機器に関する知的財産権問題、保険訴訟などを専門とする複雑な商業事件に約9年間携わりました。彼女は社内雇用問題に関して同社の顧問も担当。

2004年、バロンは、リーガルテクノロジーを提供しているAmici LLCに副相談役として就任し、また、ビジネスデベロップメントとアカウントマネージメントの役割も兼任いたしました。 Amici社が2006年にXerox社に買収された後、バロンはXerox訴訟サービスで10年以上にわたり数々の役職を歴任し、Xerox eDiscovery事業がCondeent社の一員となった際の2017年1月から8月まで、Conduent Legal and Compliance Solutionsをたんとうしておりました。

バロンは、規制調査(IRS、SEC、DOJ、FINRA、EDNYなど、ならびに英国、ヨーロッパ、香港、オーストラリア、シンガポールの国際規制機関)、集団訴訟、雇用問題、 Hart-Scott-Rodinoのセカンドリクエスト、および連邦および州の裁判所における商業訴訟を数々担当いたしました。彼女は、金融機関、製造業者、テクノロジーサービス企業の抱えるクロスボーダーeディスカバリに関する問題について豊富な経験を持っています。

バロンは、eディスカバリ関連のトピックに関する業界イベントで頻繁に講演を行っており、eディスカバリおよびテクノロジーを使用したレビューに関する多数の記事を執筆しております。彼女はヴァッサーカレッジとニューヨーク大学法学部を卒業しており、現在ニューヨーク在住です。