大切なデータの保管と保護。

情報ガバナンスやeディスカバリの戦略に、訴訟ホールドプランは欠かせません。データ保持の義務がいつ発生し、いつ消滅するか、何が必要となるか、どう実行するかを見極めます。

データ量を最小限まで削り、コストを最小限まで削減。

KLDiscoveryの訴訟ホールド管理ソリューションでは、包括的なテクノロジーと防御可能なプロセスを通じてこれらの問題を改善します。

柔軟性のあるSaaSモデルのため、テクノロジーを使って自分でホールド管理することも、訴訟ホールド業務を当社に委託することもできます。

情報シートをダウンロード


備える。

当社のコンサルタントは主要人員への聞き取り調査、訴訟ホールドポリシーのレビュー、ソリューションの実施をお手伝いしています。


文書毀棄を避ける。

アンケートを用意し、カストディアン(データ保持者)を追跡し、概要レポートでステータスを監視できます。


ホールドを効果的に管理。

ホールド通知、再通知、やりとりしたメッセージを1つのデータベースにまとめて管理します。


ホールドプロセスを自動化。

重複するホールド資料については、コピーを1つ保管し、使われないデータは自動的にリリースします。

訴訟ホールドが矢継ぎ早に広がる事態を防ぐ。

KLDiscoveryが訴訟ホールド対策ガイドを作成しました。

このガイドにはさまざまなヒントや判例法からFRCP修正までが含まれ、お客様の組織で訴訟ホールド対策を作成、または評価する際の参考になります。

ガイドを確認