経験から生まれた実用的なガイダンス。

当社は豊富な経験から、情報ガバナンスで万全を期すには、各種プロセスを定義し、データ管理プロトコルとプロトコルを支えるテクノロジーを明確に理解する必要があることを学びました。

事前に準備が整っていることはすばらしいことです。

データ量がひたすら増大を続け、規制要件が強化されているため、社内のデータを把握し、そのリスクを見極めようとする企業には、大きな負担がかかっています。

情報シートをダウンロード

Unified Archive®

1つのシステム、1回の検索ですべてのデータに対応。 

Unified Archiveは、ビッグデータへの課題と次のような情報管理ニーズに対応するため、大容量データを処理できるよう一から作り上げたソリューションです。

  • コンプライアンスの監視
  • 記録管理
  • 訴訟ホールドとeディスカバリ
  • ストレージ管理


包括的な企業データ管理。

Unified Archiveでは、スムーズな使用感を損なうことなく、1つのシステムでお客様の多様な情報管理ニーズのすべてに対応できるため、データをより効果的に管理できます。


下流のコストまで予測可能。

データが組織内のあちこちに分散し、しかも異種システムや旧式システムに保存されている状況は決して珍しくありません。この状況では費用の無駄が発生し、リスクが増大します。


KLDiscoveryのアプローチ。 

当社はお客様の抱えるデータの実態を理解し、有効なデータをすくい上げてきた実績を備えています。 

ソリューションはいずれも、ターゲット分野のエキスパートによってサポートされています。このエキスパートたちは、数十年にわたり、フォーチュン100に名を連ねるグローバル企業から地域に根差した中規模組織まで、多数の企業を支援し、情報のライフサイクル全体を管理し、eディスカバリのあらゆる側面を最適化してきた経験を備えています。