eディスカバリとは一体何か

米国での証拠開示手続には、訴訟や審査に必要な証拠を収集、作成するという法的手続があります。現在のビジネスの世界では、これらの文書はキャビネットのファイルではなく、パソコン、モバイルデバイス、サーバーのフォルダ内にファイルとして保存されています。電子保存情報(ESI)の特定、作成のことを、現在一般的にeディスカバリと呼んでいます。

EDRMの基礎。

電子情報開示参考モデル(EDRM)は一連のワークフローで示されています。一方でeディスカバリは、相互に関連する複数の段階の連続体で構成されており、複数の段階が並行して進められることも少なくありません。どのような案件でも、データが同時にEDRMの複数の段階に相当したり、複数のステップが何度も繰り返されたりする可能性があります。さらに、企業や社外弁護士の抱える案件は1つとは限らず、多様なEDRM段階の案件に複数、同時進行で対応する場合もあります。

edrm_chart情報管理識別保存収集データ処理調査分析作成提示

出典:EDRM(edrm.net)


eディスカバリと情報ガバナンスの関係とは。

データ量の増加=コストとリスクの増加

メール、文書、表計算シート、プレゼン資料、ボイスメール、テキストメッセージ、ソーシャルメディアデータの量が増えるにつれ、すべてのデータを確認するに関連してリスクは高まり、調査する時間も増えます。

事前に準備が整っていることはすばらしいことです。

情報ガバナンスには、データ管理のテクノロジーを使ってプロセスを決めることが必要です。eディスカバリのテクノロジーは、記録と情報管理のテクノロジーでもあり、リスクを特定、評価、軽減できます。


全世界でeディスカバリ

外国のeディスカバリはどうなっているのでしょうか。eディスカバリの規則は国によって異なりますが、eディスカバリのテクノロジーを常に活用できます。

eディスカバリのテクノロジーを活用する利点は、証拠開示の要件として文書を収集、調査、作成するためだけではありません。正式なeディスカバリの規則がないEMEAやAPAC地域の企業は、訴訟や規制措置の前にテクノロジーを使って秘密情報を編集したり、内部審査や事実調査の監査を実施したり、企業データを管理します。


ビジネスが成長すると、データも増える。

社内弁護士や法律事務所にとって何を意味するでしょうか。eディスカバリのテクノロジーを使って、データすべてに関わる問題をどのように解決すればよいでしょうか。どうすれば証拠開示にかかるコストを抑えることができるのでしょうか。

eディスカバリとは