医療機関は訴訟、政府からの諮問、サイバー攻撃の恰好の的です。

EMR(電子医療記録)、PHI(保護医療情報)、HIPAA(Health Insurance Portability and Accountability Act(医療保険の相互運用性と説明責任に関する法令))など、医療機関は緻密な規制が課された複雑な秘密データと密接に関わっています。法規制の困難に直面している医療機関は、効果的な計画や最先端のテクノロジーを利用することで、予後、すなわち将来は一段と明るいものとなります。

厄介な医療情報と個人情報を編集

画期的な自動編集技術で、秘密データを識別、認証、徹底して保護します。

eディスカバリのプロセスでは、電子情報を収集、調査、生成する際に、知らぬ間に医療情報や個人情報を漏洩するリスクがあります。KLDiscoveryの自動編集技術で、個人情報を識別すると自動的に編集し、リーガルチームは電子編集データを確認、承認、却下できます。

ヘルスケアの分野では訴訟は避けられません。KLDiscoveryは、企業が繰り返し安全にeディスカバリを実行できるよう支援いたします。


情報ガバナンス

大量のデータを処理できるUnified Archiveは、ビッグデータという課題と情報管理の要求に応えます。

すべてのデータを1つのシステムで


訴訟ホールド

柔軟性のあるSaaSモデルのため、テクノロジーを使って自分でホールド管理することも、訴訟ホールド業務を当社に委託することもできます。

保全と保護


収集、データ処理、調査

当社のデータセンターまたはクラウドからホスティングするエンドツーエンドソリューションで、お客様の訴訟管理や調査文書を効率よく選別、処理、調査、管理できます。

新しい手法を知る

データ侵害の被害を軽減

eディスカバリのテクノロジーが、侵害範囲の特定と関連訴訟の準備に役立ちます。

医療企業がデータ侵害に遭った場合、一刻を争う事態となります。医療情報と個人情報の侵害範囲を迅速に特定するために、医療企業はKLDiscoveryの調査プラットフォームにデータをロードして、秘密の数字列を検索してリスクレベルを通知します。関連して訴訟が起きた場合、ディスカバリデータベースが稼働しているので、レビューチームが迅速に文書作成を行うことができます。