eディスカバリ戦略をフル活用できます。

自動車メーカーや自動車業界のサプライヤーは、世界各地のコンプライアンス義務、複雑な製品リコールと責任訴訟、規制による制限の強化、明らかになってきている自律走行車両やコネクテッド車両の示唆する課題など、複雑な法的問題に直面しています。最先端の証拠開示手続アプローチを利用することで、電子データの収集、レビュー、作成への道程を円滑なものに変えることができます。

米国、ドイツ、日本、韓国、中国のデータ。世界に分散したデータをどうやって収集しますか。

エンドユーザーもIT専門家も簡単にハードドライブ、ルーズファイルやメールサーバーから、法的証拠として利用可能な情報を収集できます。自分で、手間なく、安全に。

自分で収集

当社のソリューションは自動車業界と業界の顧問弁護士の力になります。


証拠を守る。 

保存義務の開始時期、証拠の内容、保存方法、終了時期を識別します。


共同で防御する。 

すべての証拠開示手続文書を1つの調査用データベースにロードし、文書を保護することで、自分の関係するデータにのみアクセスできます。


重要データを見つける。

分析ツールを使って文書を効率的に選別すれば、迅速に目的の文書を見つけることができます。

 

複数案件を管理する。

 

案件ごとでなく一つのインスタンス(実体)として収集、処理、保存、さらに成果物の再利用が可能なため、訴訟が続いてもデータを再収集、再処理、重複保存する必要がなくなります。

グローバル企業に最適なグローバルソリューション

案件が多国籍にまたがる場合、各国のプライバシー保護、個人情報保護、秘密保護などの法律の遵守が必要になります。グローバルeディスカバリは、専門の会社にお任せください。当社は米国、英国、フランス、ドイツ、日本に現地の専門家とデータセンターのネットワークを所有し、安全にデータを処理、ホスティングしますので、データの調査から作成まであらゆる要望に対応致します。

世界にまたがる拠点