KLDiscoveryは、eディスカバリのワークフローに新しい基準を打ち出します。当社独自のアプリケーションでスピーディーにレビューを行えます。

Nebulaediscovery.com Review(EDR)Relativity、いずれも高性能テクノロジーでご要望にお応え致します。アプリケーションに関するお問い合わせや、デモをご希望の場合は、info@kldiscovery.comにお問い合わせください。


Predictive Coding

KLDiscovery Predictive Coding(プレディクティブコーディング・予測符号化)は、受賞歴のある特許取得のテクノロジーです。このテクノロジーではユーザーの判断と無作為抽出の両方から学習し、レビューすべき重要書類の優先順位を即座かつ継続的に決定できます。品質管理とサンプリングで文書分類の効果を監視し、十分に信頼できる水準の防御性を確保できます。


A/V Suite

2016 Relativity Innovation Award for Best Service Provider Solution and People’s Choice(2016年Relativityイノベーション推奨サービスプロバイダーソリューションおよび一般投票部門)を受けたツールです。マルチメディアファイルのレビュー作業を簡素化できます。オーディオファイルを可視化でき、再生制御機能が充実しています。オーディオファイルの規制処理と作成が簡単にできます(他のレビュープラットフォームに比べ優れている点)。


Workflow

文書のルーティングと配布が自動化され、文書レビュープロセスが整理されるため、正確さと防御性が最大限まで高まります。Workflowでは、手作業でレビュー担当者に文書一式を配布する必要性が排除され、レビュー担当者の選んだ分類が事前定義された基準に準拠しているかが、自動的に評価されます。


AutoRedaction

自動化アプローチにより、秘密情報を保護、規制処理プロセスを整理できます。手作業で文書に規制処理を施す代わりに、Relativityの作業スペースで自動的に個人情報(PII)、権限別アクセス制限のある内容などの秘密情報を検出し、規制処理を行います。


PrivLog Builder®

高機能の内蔵ツール一式を活用し、権限別アクセス制限のある文書を効果的に記録します。権限別アクセス制限のある文書の記録を自動的に作成する機能と命名規則の標準化によって時間を節約し、卓抜した成果を得ることができます。


MultiMatter Management

複数案件にわたり、防御性を維持したまま、弁護士資格を持つ専門家の作業結果を簡単に再利用したり、リアルタイムで分類の不一致を解消したり、権限別アクセス制限のある内容や秘密保護対象の内容を誤って混入させるリスクを最小限に抑えたりできます。