Copyright© 2018 KLDiscovery.All Rights Reserved.

本ウェブサイトに含まれる情報(公開されている画像を含みます)は、著作権の対象であり、KLDiscoveryから書面による事前の許可を得ることなくその全部または一部を頒布、修正、複製することはできません。

このウェブサイトで利用されているKLDiscovery™、Ontrack™、そのほかのブランド名は、Kroll Ontrack, LLC、そのほかKrolLDiscoveryグループ企業の商標です。

KrolLDiscovery™とKrolLDiscovery Logo™は、米国やそのほかの国における登録商標、またはKroll, LLCやその子会社の商標であり、KrolLDiscoveryグループ企業による利用許諾に基づき使用されています。

KLDiscoveryは、eディスカバリやデータリカバリソリューションを専門とするグループ企業であり、LDiscovery, LLC、Kroll Ontrack, LLC、LD International Holdings Limitedと世界中にある各社の子会社を通じて活動しています。

LD International Holdings Limitedとその子会社による
英国現代奴隷法(Modern Slavery Act 2015)に基づく開示

この開示は、英国現代奴隷法(Modern Slavery Act 2015)に基づき行われるもので、LD International Holdings Limited、 Kroll Ontrack Limited、KLDiscovery Limited(以下、KLDiscoveryグループ)が対象です。上記の企業はすべて、2016年9月30日までの会計年度においてイングランドおよびウェールズで登記されています。

KLDiscoveryグループは、eディスカバリソリューションおよびデータリカバリ製品とサービスを世界中で提供しています。KLDiscoveryは、eディスカバリやデータリカバリが奴隷労働や人身売買に対するリスクの高い部類に属するものであるとは考えておりません。これらは、KLDiscoveryグループの専有技術や、技術開発者から制限的利用許諾を受けた専有技術を利用した技術ソリューションであるためです。このため、KLDiscoveryグループが自らのサプライチェーン監査のためにできることはきわめて限られます。しかしながら、KLDiscoveryグループは、自らのすべての事業分野において注意を怠ることなく、当社サプライヤーに奴隷労働や人身売買につながる関与を疑わせる不審な活動がないかを監視します。

上記にかかわらず、KLDiscoveryグループは、次に定める事項について、責任を負います。

  • 従業員が安全な環境で働くことのできるよう、適切な雇用手続きを行います。
  • 英国の雇用に関するあらゆる法令を遵守します。
  • 従業員が自らの一定の福祉やKLDiscoveryグループの福祉が損なわれていると考える場合に通報手続きを運用します。

この開示は、2017年6月29日に開催されたLD International Holdings Limited、Kroll Ontrack Limited、KLDiscovery Limitedの取締役会において承認されました。