当社は様々な文化や才能を持つ国際的組織です。
当社は、LDiscovery、Kroll Ontrack、 AlphaLit、RenewData、FlashData Solutions、 Turnstone Solutions、Credence Corporation、CopySecure、Elite Document Solutions、Oyez Legal Technologies、Ibas/Vogon、Engeniumより成り立ち、世界中で、データ収集、データ復旧、既存の方法を変革するためのビジョンを共有しております。

2019

ドイツのシュトゥットガルト /ベーブリンゲンとオーストラリアのシドニーに文書レビュー施設をオープン

2018

カナダにデータセンターとドキュメントレビューセンターを開設

Nebula Private Cloudを立ち上げ、データをオンサイトに保持しながら 強力な処理機能、 フィルタリング、分析機能をご提供

最新のプラットフォーム「ネビュラTM」が発表され、 1つのツールでエンドツーエンドのeDiscoveryマネジメントサービスをご提供

2017

アイルランド・ダブリンにオフィスとデータセンターを開設し、 欧州における

リーガルテクノロジーの提供を拡大

KLDiscoveryとして新しいブランドと新ロゴを発表。 新しいロゴとブランドは、eDiscoveryとデータリカバリにおける最高のソリューションを顧客の皆様にご提供させていただく、弊社の理念を象徴するものです。 KLDiscovery事業内のOntrackは、 データリカバリ、 電子メール抽出・復旧、データ破壊、 テープ管理において世界的なマーケットリーダーとされております。

2016

オランダに進出

LDiscoveryはKroll Ontrackを買収、 世界最大級のeDiscoveryプロバイダーの1つとなる

Elite Document Solutionsを買収

2013 - 2015

AlphaLit社、 Renew Data社、 Turnstone Solutions社、 CopySecure社、 Credence Corporation社を買収

フランスのパリ、ドイツのフランクフルトにデータセンターを開設

上海に事務所を開設、中国本土に進出

2009

日本オフィスの拡大と同時に日本国内でのESIの処理とホスティングを容易にするためにデータセンターを開設

2008

香港にオフィスを開設。 eDiscovery、 データリカバリ、 コンピュータフォレンジックを提供

2006

世界初のRelativityホスティングパートナーとなる

アジアでeDiscovery事業を拡大し、アジア初のオフィスを日本に開設

ノルウェーを中心としたデータ復旧、 データ消去・コンピューターフォレンジック組織であるIbas/Vogon社及び先進的な検索技術を提供するEngenium社を買収。Ibasの買収により、 Kroll Ontrackがシンガポールにてサービス提供を開始

2005

LDiscoveryを設立。チームワークと謙虚さを通じ「顧客第一主義」文化でeDiscoveryのリーダーとして顧客の皆様にサービスをご提供。 創業者かつCEOであるクリス・ワイラーのリーダーシップのもと、組織的な成長とM&Aを通じて積極的にグローバルサービスを拡大

オーストラリアにデータ復旧施設であるクリーンルームを開設

2003

KrollがOntrackを買収し, Kroll Ontrackを設立

Oyez Legal Technologiesを買収し、 eDiscoveryサービスを英国に拡大

1990s

eDiscovery事業の開始。 電子文書数が紙文書数を上回り始めるにつれ、 は訴訟、 調査、 規制要求に対応するために、 電子文書と紙文書の両方を収集、 分析、フィルタリング、 処理およびレビューをするための効果的な方法のニーズが拡大する

クリーンルーム及びデータリカバリラボをドイツのベーブリンゲンに開設

フランスでデータリカバリ事業を開始

ロンドンにヨーロッパ初のオフィスを開設。 コンピュータフォレンジックサービスと裁判所における専門家の証言提供を開始
1985

ソフトウェア会社としてOntrackを設立。 Disk Manager®製品の成功により、 破損したハードディスクドライブからのデータの復旧に成功し、 1987年にOntrack Data Recoveryを設立