変化の激しい世界でのビジネス。

KLDiscoveryはeディスカバリのリーディング企業として、世界中で評価を得ています。社内の法律やテクノロジーのエキスパートが、クライアントのケースで重要となる証拠の発見、選択、検索、レビュー、作成、提示を効率的にお手伝いしつつ、高い対費用効果も提供します。

世界19か国に43の拠点を持つKLDiscoveryは、数十年にわたってきわめて難易度の高いデータ課題で世界中の企業をサポートしてきた経験に裏打ちされた価値を提供します。

Unified Archiveでデータを管理。

データが組織内のあちこちに分散し、しかも異種システムや旧式システムに保存されている状況は決して珍しくありません。このような状況では次々と重複データが作られ、検索結果に一貫性が得られず、組織全体で共通するデータ保持ポリシーの導入が疎外されるため、費用の無駄が発生し、リスクが増大します。

KLDiscoveryのUnified Archiveソリューションでは、この種の問題を一掃して1つのインスタンスのストレージでデータを効率的に保管、管理し、eディスカバリ、コンプライアンス、記録管理、知識管理に活用できます。

詳細を確認

あらゆる時間帯にエキスパートが対応。

KLDiscoveryでは約150か国から毎年定期的にデータを収集しています。

その結果、当社のエキスパートは、各国に特化した証拠開示手続の法律と慣例について深い経験を積み上げています。世界各地に拠点を展開しているため、データ収集のエキスパートが、お客様のデータがどこに格納されていても、迅速に現場にかけつけることができます。

さらにKLDiscoveryのRCMgrは包括的な自動データ収集スイートで、世界中どこででも法的証拠として通用するデータ収集を簡単に実行できます。

詳細を確認