お客様の大小あらゆる規模の案件に最適の証拠開示手続(ディスカバリ)業者。

製造物責任、知的財産権の侵害、有害物質不法行為、雇用上措置、国際仲裁、事業紛争。さまざまな組織が訴訟でeディスカバリを管理する方法を再構成した、先駆的ソリューションをご用意しています。

当社のソリューションはさまざまな組織や弁護士にご活用いただいています。


インテリジェンスの結集。

早期の案件評価から有効な証拠となる文書の特定、資料のとりまとめ、目撃証言のサポート、経過記録、審理用記録綴りの用意まで、訴訟問題の準備を整えることができます。


難しい課題を想定。

データの所在や取得の可否、さらにはデータが案件の形勢にどう影響を与えるかを把握します。


義務の範囲の見極め。

証拠開示手続の適切な範囲設定とコスト管理を通じ、裁判所に課された比率性と予算上の要件を満たします。


効果的対応。

裁判所の求める訴訟または仲裁での電子データ作成規則で規定された、証拠開示手続の義務事項に準拠します。


データ収集は必要なとき、必要な場所で実行。

ソースがハードディスク1個でも、多数のサーバーのネットワークや数千個ものメディアでも、当社のグローバルチームは卓抜したデータ保存・収集サービスを提供します。

さらにKLDiscoveryのRemote Collection Managerは、業界屈指の包括性を備えた自動データ収集スイートで、エンドユーザーもIT専門家も法的証拠として有効なデータ収集を簡単に実行できます。

今すぐ収集


レビューツール

世界各地にちらばる12か所のデータセンターに、独自にホスティングした文書レビュープラットフォームと第三者の文書レビュープラットフォームとの強力な組み合わせで配備しています。

詳細を確認


マネージドレビュー

米国、英国、ヨーロッパの安全な文書レビュー施設すべてで、弁護士資格を持つレビュー担当者が対応するメリットを実感してください。

まずはお問い合わせください。

サービスに始まりサービスに終わる

KLDiscoveryのマネージドサービスでは、お客様のコストを削減しつつ予算の予測性を高め、しかも社内のテクノロジー投資の必要性を低減させます。

eディスカバリを再発見


世界中の拠点。細やかな地場対応。

あらゆる時間帯にエキスパートが対応し、米国、EMEA、APAC地域には処理機能とホスティング機能も用意されています。

グローバルに展開


モバイルeディスカバリ。

eディスカバリのテクノロジーがすべて搭載された小さな箱一つで、データを社外、国外または地域外に出す必要がなくなります。

データを守る