Friday, December 20, 2019

Pivotal Acquisition Corp.がKLDiscoveryとの合併を完了

2019年12月20日 ニューヨークおよびバージニア州マクリーン 公共投資ビークルであるピボタル・アクイジション社/Pivotal Acquisition Corp。(「Pivotal」または「Company」)は、eDiscovery(電子情報開示)、情報ガバナンスの世界的大手プロバイダーであるケーエル・ディスカバリ/KLDiscovery(「KLD」)は、本日発表された合併の完了と2億米ドルの転換社債の発行を発表致しました。 合併の完了に関連して、合併後の会社名はケーエル・ディスカバリ/KLDiscovery Incに改名致しました。

KLDiscoveryについて

ケーエル・ディスカバリ/KLDiscoveryは、 法律事務所、企業、 政府機関、 消費者が複雑なデータ問題を解決・支援するために、テクノロジー関連のサービスとソフトウェアを提供しております。 19カ国40カ所以上の場所にオフィスを構え、 訴訟、 コンプライアンス、 内部調査、 データ復旧、 およびクライアントの皆様のニーズを支援するために、 クラス最高の電子情報開示(eDiscovery)、情報ガバナンス、 データ復旧ソリューションをご提供させていただくグローバルカンパニーです。 当社は, 30年以上にわたってクライアントの皆様にサービスを提供しており、 データ収集とコンピューターフォレンジックを駆使した調査、 アーリーケース評価、電子情報開示(eDiscovery)とデータ処理、 Webベースの文書レビューのためのアプリケーションソフトウェアとデータホスティング、および管理ドキュメントレビューサービスを提供しています。 さらに、 ケーエル・ディスカバリ(KLDiscovery)は, グローバルなオントラックデータリカバリ(Ontrack Data Recovery)ビジネスを通じて、 世界最高水準のデータリカバリ、電子メール抽出・復元、 データ破壊、テープ管理も提供しています。

ケーエル・ディスカバリ/KLDiscoveryは, 北米で最も急成長を遂げている企業の1つとしてMagazine(Inc.5000)およびDeloitte(Deloitte's Technology Fast500) 認識されています。Chief Executive Officer, クリス・ワイラーは、2014年Ernst&Young Entrepreneur of the Year™として認められました。 さらにケーエル・ディスカバリ(KLDiscovery)は, レラティビティーで認証されたパートナーでISO/IEC27001で認証データセンターを世界各国に保持しております。 詳しくは, info@kldiscovery.comまでご連絡いただくか、またはwww.kldiscovery.comをご覧ください。

ピボタル・アクイジション社/Pivotal Acquisition Corp.について

ピボタル・アクイジション社/Pivotal Acquisition Corp.は、合併、株式交換、資産の取得、株式の購入、資本再構成、再編成、または1つ以上の企業または事業体とのその他の同様の企業結合を達成する目的で組織された会社です。 Pivotalの証券は、ニューヨーク証券取引所で、ティッカーシンボルPVT、PVT WS、およびPVT.Uで上場されています。 詳細については、www.pivotalac.comをご覧ください。

将来予想に関する記述

このプレスリリースには、1995年の米国私募証券訴訟改革法の「セーフハーバー」条項の意味に含まれる「将来の見通しに関する記述」が含まれています。 、「予測」、「予測」、「計画」、「意図」、「信じる」、「求める」、「可能性がある」、「意志」、「すべき」、「将来」、「提案」、およびこれらの単語のバリエーションまたは同様の表現(またはそのような単語または表現の否定的な表現)は、将来の見通しに関する記述を識別するためのものです。これらの将来見通しに関する記述は、将来の業績、状況、結果を保証するものではなく、実際の結果をもたらす可能性がある、既知および未知のリスク、不確実性、仮定などの重要な要素を含みます。または将来の見通しに関する記述で説明されているものと実質的に異なる結果。とりわけ、実際の結果または結果に影響を与える可能性のある重要な要因には、次のものが含まれます。提案された企業結合によって企図された取引を完了できないこと。特に、Pivotalの株主による償還後に利用可能な現金の額によって影響を受ける可能性がある、提案された企業結合の予想される便益を認識できないこと。提案された企業結合によって企図された取引の完了後にNYSEの上場基準を満たす能力。提案された企業結合に関連する費用KLDが新製品を開発し販売する計画とその開発プログラムのタイミングを実行する能力。 KLDのソリューションの市場規模の見積もりKLDのソリューションが市場で受け入れられる割合と程度利用可能になるかもしれない他の競合技術の成功。買収を特定し統合するKLDの能力KLDのサービスのパフォーマンスとセキュリティPivotalまたはKLDを含む訴訟の可能性また、KLDのサービスに対する需要に影響を与える一般的な経済状況および市場の状況その他の要因には、要求された証券保有者の承認を得られなかったこと、またはその他の取引条件が成立しなかったことを含む、提案された取引が成立しない可能性があります。 PivotalもKLDも、法律で定められている場合を除き、新しい情報、将来の出来事、その他の結果としてかどうかにかかわらず、いかなる将来予測に関する記述を更新または改訂する義務を一切負いません。

Contacts

Investors

Richard Simonelli
973-896-8184
richard.simonelli@kldiscovery.com

Media

Krystina Jones
888.811.3789
krystina.jones@kldiscovery.com


KLDiscoveryについて

ケーエル・ディスカバリ(KLDiscovery)は、 法律事務所、企業、 政府機関、 消費者が複雑なデータ問題を解決・支援するために、テクノロジー関連のサービスとソフトウェアを提供しております。 19カ国43カ所にオフィスを構え、 訴訟、 コンプライアンス、 内部調査、 データ復旧、 およびクライアントの皆様のニーズを支援するために、 クラス最高の電子情報開示(eDiscovery)、情報ガバナンス、 データ復旧ソリューションをご提供させていただくグローバルカンパニーです。 当社は, 30年以上にわたってクライアントの皆様にサービスを提供しており、 データ収集とコンピューターフォレンジックを駆使した調査、 アーリーケース評価、電子情報開示(eDiscovery)とデータ処理、 Webベースの文書レビューのためのアプリケーションソフトウェアとデータホスティング、および管理ドキュメントレビューサービスを提供しています。 さらに、 ケーエル・ディスカバリ(KLDiscovery)は, グローバルなオントラックデータリカバリ(Ontrack Data Recovery)ビジネスを通じて、 世界最高水準のデータリカバリ、電子メール抽出・復元、 データ破壊、テープ管理も提供しています。ケーエル・ディスカバリ(KLDiscovery)は, 北米で最も急成長を遂げている企業の1つとしてMagazine(Inc.5000)およびDeloitte(Deloitte's Technology Fast500) 認識されています。Chief Executive Officer, クリス・ワイラーは、2014年Ernst&Young Entrepreneur of the Year™として認められました。 さらにケーエル・ディスカバリ(KLDiscovery)は, レラティビティの認定済みパートナーでるだけでなく、ISO/IEC27001認証のデータセンターを世界各国に保持しています。 詳しくは, info@kldiscovery.comまでご連絡いただくか、またはwww.kldiscovery.comをご覧ください。

 

メディアからのお問い合わせ

Taketo Sakuma
81 (0) 3 6632 6250
taketo.sakuma@kldiscovery.com