ケーエル・ディスカバリは優れたテクノロジーで複雑なデータ問題・課題の解決を支援するサービス、ソフトウェアを多数の法律事務所、企業、政府機関、一般向けにご提供しております。

eディスカバリ管理ソリューションのグローバルリーダー。

当社は世界19か国合計43か所のオフィスを持ち、クラス内随一のeディスカバリ、情報ガバナンス、データリカバリのソリューションの提供を通じて訴訟、規制へのコンプライアンス、内部調査、データリカバリと各種の管理ニーズでクライアントをサポートしております。

ケーエル・ディスカバリについて


当社ブランド

KLDiscovery

ケーエル・ディスカバリでは、データ収集とフォレンジック調査、早期のケース評価、eディスカバリ、データ処理、アプリケーションソフトウェア、ウェブベースの文書レビューに対応したデータホスティング、マネージド文書レビューなどのサービスをご提供しております。

Ontrack

Ontrackは米国と世界中にデータリカバリ、メールの抽出と復元、データ破壊とテープ管理のサービスをご提供しております。Ontrackは、現在データリカバリ業界で使用されている多数のツールと技術を率先して導入してきたパイオニアです。

Ibas | KLDiscovery

Ibasは北欧地域でデータサービス、データウェアハウジング、データ調査を行う大手プロバイダーで、北欧諸国とオランダでサービス展開しております。同社はクライアントの皆様の重要データを保存するサービスで、世界に知られており、本社はコングスビンゲルにあります。


優越性が評価されています。

ケーエル・ディスカバリのリーダーシップと革新性が評価されるたび、光栄に感じています。

たとえばKLDiscoveryはRelativity®のオレンジレベルのBest in Service Partner(推奨パートナー)です。社内のデータセンターはISO/IEC 27001認定を受け、EU Privacy Shieldに準拠しております。

また当社は、Inc.誌(Inc. 5000™)とDeloitte(Deloitte Technology Fast 500™)の両方で認められたとおり、北米で最も急成長している企業の1つです。さらに代表取締役であるクリス・ウェイラーはErnst & Young社によるEntrepreneur of the Year™ 2014賞を獲得しております。

このほかにもKLDiscoveryは法律やテクノロジーに関わるコミュニティから数々の賞を受けております。

一覧を参照

沿革

2017年

LDiscoveryとKroll Ontrackにより、新ブランドKLDiscoveryが発足。KLDiscoveryブランドと新しいロゴの誕生は、当社のクライアントにeディスカバリとデータリカバリに関する最高のソリューションを提供しようとする当社の取り組みを象徴するものです。KLDiscoveryの事業の1つであるOntrackは、データリカバリ、メールの抽出と復元、データ破壊とテープ管理における世界のマーケットリーダーです。

2016年

LDiscoveryがKroll Ontrackを買収。eディスカバリとデータリカバリで市場をリードするKroll Ontrackは、テクノロジー主導のサービスのすばらしいプラットフォームを提供し、安定したクライアント層を獲得していました。Kroll Ontrackが加わったことで、世界的な事業展開、独自のレビュープラットフォーム、世界トップクラスのデータリカバリサービスという強みを得ました。

LDiscoveryがElite Document Solutionsを買収。Elite Document Solutionsによってワシントン特別区エリアのコピーおよびスキャン施設が加わりました。当社はこの施設で複数の世界最大級の法律事務所にフルサービスの訴訟サポートを提供しています。

2015年

LDiscoveryがCopySecureを買収。フィラデルフィアを本拠地とするデータおよび文書サービス業者、CopySecureによって、LDiscoveryで不足していた北東部を基盤とするコピーおよびスキャン施設が拡充されました。

LDiscoveryがCredenceを買収。フォートローダーデールを本拠地とするCredence Corporationによって、LDiscoveryの米国南東部への事業拡大が強化されました。さまざまなマネージドサービスソリューションで定評のあるCredenceにより、LDiscoveryのソリューションスイートに足りなかった部分が補強されました。

2014年

LDiscoveryがTurnstone Solutionsを買収。ニューヨークを本拠地とするeディスカバリサービスプロバイダー、Turnstoneのクライアントには、厳しい規制で管理された大企業、規制のない企業、法律事務所も含まれていました。Turnstone Solutionsが加わったことで、LDiscoveryのニューヨーク市場進出が一段と加速されました。このチームはLDiscoveryブランド下で引き続き長年の取引先との関係を強化しています。

LDiscoveryがFlashData Solutionsを買収。ニューヨークを本拠地とするFlashData Solutionsのチームにより、多種多様な企業と法律事務所を対象とする幅広いサービスが加わりました。LDiscoveryに買収されたことで、FlashDataはさらに多角的な能力を獲得し、クライアントにより包括的なソリューションを提供できるようになりました。FlashData Solutionsの加入は、LDiscoveryのニューヨーク市場進出を加速しました。

LDiscoveryとRenewDataが合併。RenewDataの業界随一のテープ処理能力、レビュー促進ツールや各種企業向けソリューションは、業界をリードするLDiscoveryのESI処理やソフトウェアソリューションを補う完璧なポートフォリオでした。RenewDataがオースティンに持っていた世界クラスのデータセンターを足がかりとして、現在、当社はRelativityのオレンジレベルのBest in Service(推奨パートナー)に指定されたデータセンターを複数運営するまでになりました。

2013年

LDiscoveryがAlphaLitを買収。1980年代半ばに起業し、フィラデルフィアを本拠地とするAlphaLitは、米国で最大級の企業や最も権威ある法律事務所を相手にeディスカバリサービスのリーダーとして急速に地歩を固めました。細やかな配慮への取り組みと卓越性への誓いを原動力としたAlphaLitチームでは、メンバー一人ひとりが貢献し、同社の業績記録は長い間破られませんでした。このような人的財産とクライアントサービスへの熱心な取り組みこそ、AlphaLitがLDiscoveryにとって最適の組み合わせとなった理由です。

2005年

LDiscovery設立。LDiscoveryはお客様第一、チームワークと謙虚さによる成功に基づき、eディスカバリと顧客満足度のリーダーとして定評を築きました。創立者でありCEOであるクリス・ウェイラーの下、当社は会社の自然な成長と他社の吸収合併を通じて意欲的に世界展開を進めました。