最も重要な電子情報に集中。

審査でのお客様のミッションは、審査で着目される行動の性質を理解し、主張の真実を見極めることです。そうすることで、結果として受けるペナルティをゼロまたは最小限に抑える試みができます。組織がリスクを抱えている状況で、KLDiscoveryはお手伝いできます。


内部調査

競争原理に反する行動、賄賂、汚職、詐欺や従業員によるハラスメントや知的財産権の窃盗といった侵害行為など、疑われている違法行為の真相を把握する必要があります。


規制対応

EUの反トラスト法抜き打ち調査から米連邦海外腐敗行為防止法(Foreign Corrupt Practices Act)や英国賄賂防止法(UK Bribery Act)の調査まで、規制当局の現地調査を受けたときは、注意深く迅速に対応する必要があります。

何が起きているか。責任者は誰か。リスクはあるか。

 

KLDiscoveryはさまざまな収集データを整理するクライアントのお手伝いをし、これらの問いにお答え致します。すばやくエキスパートチームとテクノロジーを組み合わせ、次のように対応致します。

  • 複数の拠点で同時に行う、営業時間外の文書収集と保全
  • 最先端のプレディクティブコーディングおよびアナリティクステクノロジーを生かし、主要個人に関するメールと文書を詳しく調査
  • 課徴金減免申請をサポートする証拠を先行提示
  • マネージド文書レビューの専門家とともに、多量の文書を迅速にレビュー
  • デジタルフォレンジック調査ツールを駆使した削除データの回復、ウェブサイト履歴のレポート作成
  • 所定の書式を遵守し、規制当局に証拠を開示

データ保護とプライバシーの懸念を緩和

ヨーロッパとアジアでは、プライバシー保護関連法で著しい負担が生じる場合があります。

審査が複数の国にまたがる場合、一般データ保護規則など、プライバシー、データ保護、秘密保持に関連する法律に準拠する準備が必要です。KLDiscoveryのグローバルエキスパートチームは、国によって異なる規制や慣例に対応できるよう支援できます。さらにモバイルとクラウドベースのeディスカバリテクノロジーであるNebulaは、データ転送量を制限してデータを現地、国内にとどめ、データ保護関連法を遵守します。