訴訟ホールドの無秩序な発生を防止できるのはお客様自身です。

KLDiscoveryが新しく更新したガイドには、訴訟ホールドプロセスの管理の助けとすることを目的とした、さまざまなヒントやコツが盛り込まれています。このコンパクトなガイドには2016年の判例法について書かれており、実務担当者が訴訟ホールドを切り抜ける戦略を立てるために必要な出発点が記載されています。

管理の施されていない保全義務、効果に欠ける訴訟ホールド、誤りの多い削除戦略などで困らないようにしてください。eディスカバリに関する判例法、規則、ベストプラクティスで以下の点をご確認ください。

  • 訴訟ホールドの手順の開発
  • 保全命令を引き起こす要素の判別
  • 訴訟ホールドの解除

フォームを記入後、レポートをダウンロードしてください。