Tuesday, August 20, 2019

KLDiscoveryが、2019年の「アメリカで最も急成長している民間企業」の5000リストで第1832位にランクイン。

8年連続でInc. 5000に登場し、ここ3年間の収益成長率は222%を記録

バージニア州マクリーン、2019年8月20日(GLOBE NEWSWIRE)-
Inc.誌は、KLDiscoveryが、Inc.5000の年次リストで、米国で最も急成長している民間企業の最も権威のあるランキングで1832位であることを明らかに致しました。このリストは、アメリカ経済の最もダイナミックなセグメントである独立した中小企業の中で最も成功している企業のユニークな存在であることを表しております。

KLDiscoveryのCEO、クリス・ワイラーは次のように 「8年間もの間このリストに掲載されるということは、株式公開企業として弊社の次章を開始するとき、弊社の成功に不可欠であった従業員とクライアントの皆様を鑑みる良い機会になっている。」と述べております。

2019 年のInc.5000に掲載されている企業は、驚異的な3年間の平均成長率454パーセントで成長しており、およびその成長率の中央値は、157パーセントを達成しております。 Inc.5000に掲載されている企業の総収益は2018年に2,377億米ドルで、過去3年間で1,216,308人の雇用を占めております。

Inc 5000の編集長であるジェイムス・レッドベター氏は、「今年のInc.5000に掲載されている企業は、各企業独自の成功への道を歩んできました。これらの企業の壮大な成長を保証する、また、模倣することのできる共通の道や投資方法はありません。しかしながら、彼らに共通しているのことは、永続性とチャンスをつかんだいう点です。」と語っております。

企業プロファイルや業界、地域、その他の基準でソートできるインタラクティブなデータベースを含むInc.5000の完全な結果は、www.inc.com/inc5000でご覧いただけます。リストにある企業の表彰式であるInc.5000イベントは、アリゾナ州フェニックスのJWマリオットデザートリッジリゾートアンドスパで、2019年10月10日から12日の間で開催されます。

Inc.とInc. 5000の詳細

方法論
2019年版の Inc.5000は、2015年と2018年を比較した場合の収益成長率に基づいてランク付けされています。
資格を得るには、2015年3月31日までに企業が設立され、収益を上げている必要があります。
2018年12月31日時点で、それらは米国に拠点を持ち、非公開で営利目的で、独立しており、子会社や他の会社の部門ではありませんでした。(2018年12月31日以降、リストにある多くの企業が公開または買収されておりますが…)2015年版での必要な最小収益は100,000米ドルでしたが、 2018年版の必要とされる最小収益額は200万米ドルです。Inc.は主観的な理由で応募者を辞退する権利を留保し、 Inc. 500掲載の企業は、Inc.の9月号で取り上げられています。これらは、http://www.inc.com/inc5000 にあるInc. 5000の最上位層を表しています。

Inc. Mediaについて
1979年に設立され、2005年にMansueto Ventures、Inc.によって買収されたのを契機に、今日の革新的な企業ビルダーに真のソリューションを提供することを目的とした、成長中の民間企業の所有者と管理者専用の唯一の主要ブランドです。 Inc.は、2014年と2012年の両方で、National Magazine Award for General Excellenceを受賞しました。ブランドの月間総視聴者リーチは、2010年の2,000,000から今日では20,000,000以上に大きく増加しています。詳細については、www.inc.comをご覧ください。

Inc. 5000は、米国で最も急成長している民間企業のリストです。 1982年に開始されたこの名誉あるリストは、起業家としての成功の象徴となっています。 Inc. 5000 Conference&Awards Ceremonyは、これらの企業の顕著な業績を祝う毎年恒例のイベントです。このイベントでは、有益なワークショップ、有名な基調講演者、夜の催しも提供しています。詳細については、http://conference.inc.com/をご覧ください。


KLDiscoveryについて

ケーエル・ディスカバリ(KLDiscovery)は、 法律事務所、企業、 政府機関、 消費者が複雑なデータ問題を解決・支援するために、テクノロジー関連のサービスとソフトウェアを提供しております。 19カ国43カ所にオフィスを構え、 訴訟、 コンプライアンス、 内部調査、 データ復旧、 およびクライアントの皆様のニーズを支援するために、 クラス最高の電子情報開示(eDiscovery)、情報ガバナンス、 データ復旧ソリューションをご提供させていただくグローバルカンパニーです。 当社は, 30年以上にわたってクライアントの皆様にサービスを提供しており、 データ収集とコンピューターフォレンジックを駆使した調査、 アーリーケース評価、電子情報開示(eDiscovery)とデータ処理、 Webベースの文書レビューのためのアプリケーションソフトウェアとデータホスティング、および管理ドキュメントレビューサービスを提供しています。 さらに、 ケーエル・ディスカバリ(KLDiscovery)は, グローバルなオントラックデータリカバリ(Ontrack Data Recovery)ビジネスを通じて、 世界最高水準のデータリカバリ、電子メール抽出・復元、 データ破壊、テープ管理も提供しています。ケーエル・ディスカバリ(KLDiscovery)は, 北米で最も急成長を遂げている企業の1つとしてMagazine(Inc.5000)およびDeloitte(Deloitte's Technology Fast500) 認識されています。Chief Executive Officer, クリス・ワイラーは、2014年Ernst&Young Entrepreneur of the Year™として認められました。 さらにケーエル・ディスカバリ(KLDiscovery)は, レラティビティの認定済みパートナーでるだけでなく、ISO/IEC27001認証のデータセンターを世界各国に保持しています。 詳しくは, info@kldiscovery.comまでご連絡いただくか、またはwww.kldiscovery.comをご覧ください。

 

メディアからのお問い合わせ

Taketo Sakuma
81 (0) 3 6632 6250
taketo.sakuma@kldiscovery.com